怪しい副業って一体どんな副業??BGM(ビジネスガイドマスター)は怪しいのか??しっかりBGM(ビジネスガイドマスター)をチェック!!

 

新型ウイルスの影響や、副業を推奨する企業が増加していることもあり

副業を始める人が急増しています。

実際に副業で月収100万以上稼いでいる人がいるようですが、

「誰でも簡単に稼げる」
「副業初心者でも月収100万OVER!」

といった誇大広告を掲載する中身の伴わない悪質なネットビジネスも横行しています。

最近ではテレビでも詐欺ネットビジネスの注意喚起の報道がされているのをよく見ます。

そこで今回は以前もご紹介した
BGM(ビジネスガイドマスター)
が詐欺ではなく本当に信頼できる副業なのかについて、より詳しく検証したいと思います。

下記の記事ではBGM(ビジネスガイドマスター)について詳しく記載されているので
よろしければそちらも見ていただければと思います。

BGM(ビジネスガイドマスター)公式ページ

 

怪しい詐欺副業の特徴は?

まずは怪しい副業の特徴をご紹介いたします。

その上で、BGM(ビジネスガイドマスター)が怪しいのか、信頼できるのかを検証していきたいと思います。

怪しい副業の特徴は大きく分けて3つあります。

  • 個人情報の扱いについて記載がない
  • 運営元の情報が詳細に記載されていない
  • 誇大広告が掲載されている

こちらの3点を見てみるだけでも
ちょっと怪しい雰囲気がありますよね。

こういったものはどうやって見ればいいのか
この3つの特徴について細かく解説をしていきます。

 

個人情報保護法に基づく表記がない

こちらはプライバシーポリシーの記載がされているかについてです。

もっとも確認すべきは

お客様の事前承認なくお客様の個人情報を第三者に開示・提供することはありません。

というような第三者に個人情報の開示を行わないという表記です。

BGM(ビジネスガイドマスター)は特定商取引法に基づく表記と共に、個人情報保護法に基づく表記(プライバシーポリシー)がありました。

悪質な情報商材の場合、この記述が無いどころか、第三者に開示・提供する旨が書かれている場合もあります。

何故記載がない場合、危険なのかということについてご説明いたします。
詐欺ネットビジネスの運営元は個人情報を第三者に譲渡、売買する可能性があるのです。
そのため、プライバシーポリシーについてはしっかりとご確認いただくようにお願いいたします。

 

運営元の情報が詳細に記載されていない

次に注意しなければならないのが運営元についてです。

実在する会社なのか、連絡手段はあるのか、掲載されている情報に偽りはないのか調べてから始める必要があります。

よくあるケースをご紹介します。

会社名がどこにも記載されていない、記載されていても実在しない
会社名などがそもそも記載がない、虚偽の情報を記載している場合があります。

記載があったとしてもしっかりと実在するものなのか等確認する必要があります。

会社の連絡先の記載がない
会社情報の表記に電話番号やメールアドレスの表記がないものは非常に危険です。
連絡手段を記載しないことで、後々トラブルが起こった際に被害者の問い合わせ先をなくす狙いがあるのです。
記載がある場合にも、始める前に実際に連絡してみてしっかりと連絡が繋がるのか等を確認してみてください。

いざ、トラブルになった際に記載していたがつながらないと気づく前に、事前に出来ることはやっておくことが必要になります。

会社の所在地が架空の住所になっている
虚偽の会社の所在地を記載している場合があります。
住所が実在していても住所貸しサービスの住所という場合もありますので、実在しても注意が必要です。
こういったビジネスは初めから利益を出した後に逃亡する前提の場合が多いので非常に危険です。

副業を始める前にGoogleEarthなどを使ってしっかりと確認することがお勧めです。

特定商取引法に基づく表記がない
この表記がない会社はもってのほかです。
特定商取引法に基づく表記は、特定商取引法に関する法律で表記が義務付けられています。
記載がない場合は、その時点で信頼に値する会社ではないということです。
まずは上記の事がしっかりと確認してみてください。

 

誇大広告が掲載されている

一概に誇大広告と言っても、パッとしない方が多いと思います。

誇大広告とは、

広告内容が大げさで、実際以上の商品が素晴らしいものであるかのように誤解させる広告

という意味です。

危険な副業詐欺は基本的に誇大広告を掲載して集客をいることがほとんどです。

記事の冒頭でもお伝えしたように「誰でも簡単に稼げる」などの記載があるネットビジネスは要注意です。

誇大広告の何が問題かというと、後でトラブルに巻き込まれた時に訴えられないケースがあるからなんです。

トラブルに陥るケースとしては誇大広告で興味を持ち、副業を始めたがまったく稼げず、高額な費用支払わされるというケースがあります。

広告が虚偽だった際に、訴えられる思っている方が多いのですが、そういう悪徳ネットビジネスの特定商取引法に基づく表記には大抵「本商品に示された表現や再現性には個人差があり、必ずしも利益や効果を保証した物ではございません。」と記載されています。

誇大広告よりも、特定商取引法に基づく表記の方が法的に優先されるので、稼げなかったとしても訴えたりできないのです。

こういったことを頭に入れて始める副業を決めましょう!

 

BGM(ビジネスガイドマスター)は詐欺なのか?

まずは「BGM(ビジネスガイドマスター)」は誇大広告なのか検証していきます。

公式サイトには下記のような記載がありました。

  • 令和から始める新ビジネス
  • 簡単なスマホ作業の3ステップ
  • スキマ時間でお手軽に
  • 未経験でも!
  • 応援特典プレゼント中!

○○万円は確実に稼げる!といった誇大広告がないことは確かでした。

運営会社についてみていきましょう。

 

副業BGM(ビジネスガイドマスター)運営会社がこちら

ネットビジネスの副業ってどこの会社が運営しているのか気になりますよね。

色々なネットビジネスが普及してる現代。

怪しいビジネスもたくさんあり、中には運営会社の記載がないビジネスも!?

「BGM(ビジネスガイドマスター)」の公式サイトを見てみるとしっかり特定商取引法の項目がありました。

こちらのサイトから確認してみてください!

 

BGM(ビジネスガイドマスター)公式ページ

BGM(ビジネスガイドマスター)は詐欺ではない可能性が高い!

ここまでBGM(ビジネスガイドマスター)が怪しい副業ビジネスの特徴に当てはまるか確認してきましたがそんなことはありませんでした。

BGM(ビジネスガイドマスター)は信頼して始めていい副業と言えるでしょう。

BGM(ビジネスガイドマスター)についてもっと知りたいという方は、今回の記事だけでなく複数の視点から解説していますので併せてご覧ください。

BGM(ビジネスガイドマスター)についてもっと知りたい方はこちらの記事を併せてご覧ください!

 

 

BGM(ビジネスガイドマスター)が期間限定!
超お得なキャンペーン中!

 

BGM(ビジネスガイドマスター)参加いただけた方全員

最大10万円分プレゼント!!

 

このお得なキャンペーン規定人数に達した場合予告なく終了してしまうこともあるのです!

キャンペーン中が一番の始め時です!

登録して即日でお仕事開始出来るので、このチャンスを逃さないようにしてくださいね♪

BGM(ビジネスガイドマスター)公式ページ

 


 

コメント

タイトルとURLをコピーしました